レッスンについて|宇都宮市の子ども英会話教室ならバナナキッズ。幼稚園でも行っております。

バナナキッズ

0286542833

【受付時間】 平日10:00~19:00

  • 体験レッスン
  • お問い合わせ

レッスンについて


本校内レッスン

image

「子どもたちの表情がレッスン成功のバロメーター」

子ども英会話教室バナナキッズでは、2歳児から中学生までのレッスンを行っています。
1クラスの定員は6名、最大で7名までの少人数制で、外国人講師と日本人講師のペアティーチングで行います。
外国人講師がメインティーチャーとして子ども達に生きた英語で接し、日本人講師は子ども達の心理的なサポートをしながらレッスンに集中できるように働きかけます。
レッスンではテーマの中から選んだ単語を「どう使うか?使えるのか?」をゲームを通して理解を深めます。レッスンの中に聞く、話す、読む、書くすべてのスキルを取り入れ、きめ細やかな指導のもと、楽しみながら英語を学びます。
2歳児クラスは最初に子どもたちと保護者の方が一緒に身体を動かしたり、ゲームを行ったりしますが、徐々に子どもたちができることは自分で行えるよう配慮していきます。
その他のクラスはA(年少)、B(年中)、C(年長)、D1(小学生)、D2(小学生)、E1(小学生)、E2(小学生)、F(小学生)、ジュニアハイスクールクラス(中学生)の年齢別、小学生からはレベル別のクラス分けとなります。

年齢別対象レッスン

3歳児

image

たくさんの言葉を吸収する時期です。

3歳児の子どもたちにとってどれが日本語でどれが英語かという区別はありません。
「同じテレビ番組を続けて見ているうちに口ずさんで歌っていた歌が英語の歌だった」なんてことも。でも本人は、英語の歌を歌っているつもりではなく、聞こえたままに発しているだけなのです。
このように、興味のあるものや楽しいと思うことを通じて得たことは自然と身についてしまいます。最初の段階では、日本人スタッフが橋渡しをすることで子どもたちの不安や緊張を和らげ、 また子どもたち一人一人について気付いた点などを詳しく外国人インストラクターに伝えていくことに よってコミュニケーションがスムーズにいくよう配慮します。
幼児は「まねっこ」が上手ですね。子ども同士の会話に耳を傾けて母親そっくりの言い方をしている様子に驚かされたことも多いでしょう。
知らず知らずに繰り返し耳にしている言葉を吸収している幼児に、 外国人インストラクターの英語の発音を触れさせることを一番の目的としています。発することを強制せずにたくさんの言葉を耳にいれていきます。

4歳児

image

理解を深めながら英語を楽しむ時期です。

多くの子どもたちが2年目の幼稚園生活を迎え、少し長い時間話を聞くことができるようになります。また、一つのことに集中して取り組めるようになってきます。
この年齢から英語を始める場合は、例え意味不明であっても話そうとする姿勢がみられます。「分からなくても先生と同じように言ってみる。そしてやってみる。」
失敗を恐れずに挑戦できる時期だからこそできることです。
子どもたちは積極的に先生に話しかけていきます。
「今日何をした」とか、「お昼に何を食べた」とか自分のことを一生懸命伝えようとするのです。もちろんそれは日本語ですが、そんな時は日本人スタッフと一緒に話が伝わるよう頑張ってみます。レッスンでは何にでも興味を示し考えるようとする姿勢がみられるので、ちょっぴり難しいことも時間をかけて挑戦することができるようになります。
例えば味についてのレッスンではsweet(甘い)、sour (すっぱい)、salty(しょっぱい)などを学びます。そこで先生はプリントを子供たちに渡し、そこにはいろいろな食べ物と3つの味が絵と英語で書かれてあり、子どもたちは食べ物と味を結び付ける作業を行います。もちろんこの作業を行う前にはsweet・sour・saltyがはっきり認識されるよう関連のあるゲームを行ったり、リズムに乗せて繰り返しいってみたりという導入を行います。英語を楽しみながら理解が深まるよう進めていきます。

5歳児

image

積極的に自らがレッスンを作っていきます。

この年齢の子どもたちは、英語の質問に対して英語で反応しようとしますし、先生の言ったことを理解 しようとします。
私どもはどの年齢のクラスにおいても英語を説明するのに日本語を間におかない方法でレッスンを進めるよう配慮しておりますが、例えばレッスンを始めたばかりの頃、外国人教師が何か言う度に日本人スタッフに「今なんて言ったの?」と聞いてきたとします。そんな時でも、私達は「理解できる。」「できない。」にかかわらず「最後まで聞いてみよう」と言葉かけをします。
確かに最初は日本語の説明が必要だとしても繰り返し聞くことによりある日、「今・・・て言ったんでしょう?」「・・・するの?」と質問から確認へと変わってきます。
この年齢の子どもたちは、話を聞くという姿勢ができているので 理解力や吸収力も早いと言えるでしょう。また、3歳児、4歳児の子どもたちがどちらかといえば先生のしたことを真似てやってみたり、 言ってみたりという受け身的な姿勢に対してこの年齢になると「・・・をしたい」と自ら主張し積極的に参加するようになります。
その他、レッスン中、質問に答えるだけでなく、時には自分が質問する立場になってゲームを進めたり、 友達同士ペアになり質問し合うことなども行います。
例えば「Do you like – ? Yes, I do. / No, I don’t.」の質問の仕方、答え方を学び、慣れてきた頃友達とペアになり先生からプリントをもらいます。そこには子どもたちが好きなもの、嫌いなものの絵が描いてあり友達同士で質問しあうのです。
「Do you like apples?」などというふうに文章と共にそこに描かれている絵の英単語も一緒に学ぶことになり、応用できるようになってきます。
これらのレッスンを通じて子ども達に英語だけではなく自主性・協調性・リーダーシップ等の精神面での成長も図っていきます。

小学生

image

小学生になると基本的な年齢別はありますが、基本的にレベル別にクラス編成をします。

レベル分けと聞くと何か成績をつけられたような感じはしますが、子どもたちの中にWriting(書くこと)は得意だけどListening(聞くこと)はあまり得意ではないとか、英語にも得意・不得意が生じてきます。 D1・D2・E1・E2・Fクラスと5段階に分けますが、そのレベルに応じて力を入れるポイントが多少異なります。ですから大文字・小文字がなかなか合致せず時間がかかりD1クラスに長く入っていたけど、E1クラスでのリスニングが好きでE1クラスからFクラスに短期間で入るということもあります。
特にこの時期、保護者の方々にお願いしたいことは、他のお子さんとの比較をしないで頂きたいということです。
子どもたちが同じ学年の友だちとレッスンを受けるということにはこだわらず、子どもたちの英語に対しての理解や成長に応じて次にクラスへの編入をしたいと考えております。
簡単にD1・D2・E1・E2・Fクラスのレッスン内容を紹介いたしましょう。

レベル別クラス

D1クラス

  • 子ども達の負担にならない程度に書くことを始めていきます。

    幼稚園の時から継続される毎月のディクショナリータイムでは、発音を聞きながら書いていきます。

  • 毎月1回定期的にリスニング問題も行っていきます。

    その中で、What,When,Where,Who,Why,How等の疑問詞の理解を深めると共に使い方を教えていきます。
    その他、基本的な発音の認識 /大文字と小文字の認識/単数系と複数形の認識/カレンダーにおける数の言い回し/等が重要なポイントとして上げられます。

D2、E1クラス

  • リスニング問題は引き続き行いますが、ストーリーの内容が更に詳しく表現され、集中して聞くことを必要とします。

    また、D1クラスで行った内容は必ず復習として繰り返し行い、新たな文法が入ってきます。
    単数系 : This,That,It
    複数形 : These,Those,They/a/an/someの使い分け方
    主語 : I,You,We,She,He,They
    所有格 : My,Your,His,Her
    (これらの内容はD2クラスE1クラスと進んでいく過程で理解を深めていきますので、D2クラスに入った途端、すべて行うというものではありません。)

E2、Fクラス

  • リスニング問題の形式が変わります。

    四者択一方式だった回答法から回答文を読み、問題に適する回答文を選んで書き出すという形式に変わります。
    初めは相当苦戦を生じますが、聞く/読む/書くという課題を同時にこなせるよう、すこしづつ導入していきます。
    単語ではなく、文章でとらえていくことを重要視します。
    D1、E1で習った文法ではもちろん復習していきますが、現在形、過去形、未来系、現在進行形等の文体が入ってきます。

中学生

image

話す/聞くを中心にレッスンを行います。基本的な会話から、少しでも長く話せるようにしていきます。

また、読む/書くについては、少しずつ長文が読めるようにしていきます。文も日記が書けるくらいに練習します。
時には、文法の説明をし、理解させる事もあります。
レッスン中も、わからない点や、質問など、日本人講師の手伝いなく、自分たちで外国人講師と英語でコミュニケーションが取れるようにしています。

サマーキャンプについて

バナナキッズでは毎年夏休みにサマーキャンプをカナダ、又は日本国内にて実施しています。
日頃学んでいる英語の成果を発揮できるよう、又、子供たちのために一生の思い出として残る夏休みを提供したいと思い企画しています。
対象は小学3年生以上の希望者ですが、できるだけたくさんの子どもたちに参加して頂きたいと思っています。

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

ケンブリッジ英検

バナナキッズではケンブリッジ英検の試験会場に登録されています。
2002年3月23日より、毎年実施しております。試験は事務局から派遣されたオーラルエグザミナーによるスピーキングテスト、別室で行う筆記テスト(ライティングとリスニング)から構成されています。
このテストは、マークシート式ではありません。テストの説明も全て英語です。
子ども達が自ら考え、答えを書き込んでいく形です。
一番レベルの高い「フライヤーズ」に挑戦する子ども達も毎年います。
試験後、英国のケンブリッジ大学に採点のため答案を郵送し、合否判定ではなく5つ星を満点として、いくつ星がとれるか?という基準で採点されます。
この判定は日本国内のみの判定ではなく世界で認定されているものです。
現在世界認定が受けられる子供用英検システムを持つのはケンブリッジ英検のみです。

ページトップへ戻る